【ダイエット中の人必見】間違ったダイエットをしている時にでる兆候【筋トレ】

スポンサーリンク
ダイエット基礎知識
ダイエット基礎知識

 

 

こんにちわ!ショウです。

 

 

今回は間違ったダイエットをしているときに出る兆候について学んでいきましょう。

 

 

これはダイエットをする上でとても基本的なことでこれを知らないでダイエットをしていたら絶対にうまくいきません。

 

 

本記事ではこんな悩みを解決します。

・ダイエットしているのに見た目が変わらない

・ダイエット中の運動がしんどくなってきた

・なんだか日常生活に支障が出てきた

 

 

ダイエットはどんな理由があろうと健康があってのダイエットです。

 

無理をして周りに迷惑をかけたり生活に支障をきたすものはやめておきましょう。

 

 

ということで結論からいきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

【結論】筋肉が落ちるようなダイエットはやめろ

 

 

ここでダイエットの大原則を言っておきます。

 

ダイエットは体重を落とすのではなく体脂肪を落とすことです。

 

つまり筋肉は残しつつ脂肪だけ落としなさいということです。

 

 

筋肉が落ちてしまうと何一ついいことがありません。

 

ここを理解しないといつまで経っても同じようなことの繰り返しです。

 

 

ということで筋量が減ってしまった時の兆候を3つにまとめました。

【兆候①】:トレーニングの強度が落ちる

【兆候②】:体重が落ちているのに見た目が変わらない

【兆候③】:なんとなく力が入りにくい

 

 

今までこんな体験があるという人はしっかり学んで同じ過ちを繰り返さないようにしましょう!

 

 

まずは運動強度からいきます。

 

 

【兆候①】:トレーニングの強度が落ちる

 

 

ダイエット中は運動をしている人が多いと思います。

 

運動の種類もいくつかありますね

・ウエイトトレーニングや自重トレーニング

・ランニングやウォーキング

 

 

これらのどんな運動も筋肉が落ちてしまってはパフォーマンスも落ちることは確定しています。

 

 

例えばウエイトトレーニングで言うと扱う重量が落ちます。

 

これはトレーニーにとってかなり深刻な問題です。

 

 

ランニングなどでいうと疲れやすくやったり、いつもやっている時間より短くなったりすることがあります。

 

 

これは単に調子のいい悪い関係なしに訪れます。

 

こうなってしまっては強度が戻ることはありません。

 

僕だったら食事を見直して強度が戻るまで再調整ですね。

 

 

ここで無理して今までの強度でやろうとしてもできないで怪我するだけですから

 

 

筋肉が減って悪いのは運動だけではありません。

 

見た目にまで影響が出てきてしまいます。

 

 

 

【兆候②】:体重が落ちているのに見た目が変わらない

 

 

見た目を気にしてダイエットをしている人は絶対に筋肉は必要です。

 

今あなたが描いている理想の体というのは筋肉があってこその体なんです。

 

 

筋肉があるのとないのとでは大きく違います。

僕の体感では筋肉がないとのペーっとした質感で、筋肉があると凸凹した筋肉で引き締まった印象があります。

 

 

女性で言うと腹筋の縦線なんかは憧れているんではないでしょうか。

 

 

そんな体を手に入れるには筋肉が必須になります。

 

 

体重の増減は水分量などで多少変わってきますが安定した体重が落ちてきたら見た目をよーくチェックするといいと思います。

 

 

貧弱な体になる前にしっかりと対策をしていきましょう!

 

 

では最後に体の調子から筋量のチェックを行います。

 

 

 

【兆候③】:なんとなく力が入りにくい

 

 

ここまで筋量が減ることの恐怖を書いてきましたが普通にダイエットしていればこんなことにはなりません。

 

 

そもそも筋量が落ちる原因としていはほとんどが食事によるものなんです。

 

 

無理をして食べなかったり過度な糖質制限をしたりすることは絶対にいけません。

 

 

しかもそう言う無理をしている時っていうのは自分では気づかないんですよね。

 

体重を落とすのに必死で思考が低下しているんです。

 

 

そうすると気づいたら体に力が入らなくなったりとか頭が働かなかったりするんです。

 

 

確かにすぐに結果が欲しくて極端なことをしたくなるのはわかりますがここはグッと我慢して地道にダイエットを頑張りましょう。

 

 

僕はダイエット末期にどうしてももうちょっと絞りたくて糖質制限をした時がありました。

 

 

それをしてから2日たったぐらいで調子がおかしくなりトレーニングもしんどくなって仕事にも支障が出ていいことがありませんでした。

 

ただちょっとだけ絞りが進みましたね。笑

 

 

その時は初めてのコンテストで必死になって減量をしていた時期なので良しとしましょう。

(結果はボロ負けでした笑)

 

 

そんな失敗を重ねながら今までダイエットをしてきました。

 

 

次にコンテストに出るときは万全の体調で望みたいですね。

 

 

そんな話は置いといてまとめにいきましょう!

 

 

 

・まとめ

 

【兆候①】:トレーニングの強度が落ちる

【兆候②】:体重が落ちているのに見た目が変わらない

【兆候③】:なんとなく力が入りにくい

 

 

SNSなどをみているとまだまだ間違ったダイエット知識が蔓延しているので是非とも皆さんには学んでほしいです。

 

そもそもなぜダイエットするのか?

 

目的を明確にしてから行動に移してください。

 

中途半端な気持ちでダイエットを始めると筋量が落ちてしまうようなよくないダイエットにつながります。

 

 

やるならきっちり学んで自分に合ったダイエットをしましょう!

 

 

 

それでは!!

 

 

参考記事

筋トレしてるのに体重が減らない?3つ原因やダイエットの効率アップのポイント解説 | readcare(リドケア)
筋トレしてるのに体重が減らない…とお悩みの方必見!その3つ原因と、ダイエットの効率をアップするポイントを解説します。筋トレは痩せやすい体とメリハリボディを作るために欠かせません。正しい知識を身に付けて、効率よくダイエットしましょう。

 

個人的オススメ記事

【初心者必見】ダイエット中に最速で脂肪を落とす運動法【経験談】

【初心者】ダイエットにおいて1番やってはいけないこと【勘違い】

 

コメント

  1. […] 【ダイエット中の人必見】間違ったダイエットをしている時にでる兆候【筋トレ】 […]

タイトルとURLをコピーしました